育毛剤の成分そのすべての情報まとめました

育毛剤とは、薄毛・抜け毛などの悩みを持つ人が使うものです。脱毛を抑えて、現在生えている髪の毛の成長を促します。育毛剤といっても、様々な種類があります。髪の毛の悩みをつくる原因は人それぞれ違う理由があるのです。遺伝からくる男性ホルモンによるもの、頭皮トラブルによるもの、生活習慣によるもの、普段のヘアケアからくるもの、などです。自分の原因に適した育毛剤を使用していきましょう。育毛剤には大きく分けると次のタイプがあります。・男性ホルモンを抑制するタイプ男性ホルモンの一種テストステロンは、皮脂や毛髪にある酵素と結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)へと変わります。このDHTは強力な男性ホルモンで、毛髪に必要なタンパク質の合成を阻害したり、皮脂の分泌を過剰にして毛穴詰まりの原因を作ってしまうことになるのです。一方、女性ホルモンのエストロゲンには、毛の生成を促進させ、成長を持続させる働きがあります。男性ホルモンを抑え、女性ホルモンを含んだものを使用すれば効果が増大します。生え際や頭頂部にお悩みがある方におすすめします。・血行を促進するタイプ頭皮の血行が悪いと、毛根へ栄養素が届きにくくなります。結果的に毛根の働きが弱まり、抜け毛の原因となってしまうのです。血行を良くし、必要な栄養素をちゃんと運べる健康な頭皮を作りましょう。ミノキシジルは代表的な血行促進作用のある成分です。後頭部の薄毛にお悩みがある方におすすめします。・毛母細胞を活性化させるタイプ毛母細胞というのは、発毛の司令塔のようなものです。発毛に関する各細胞へと指令を送る働きをしています。毛母細胞は毛乳頭から栄養を受け取り、細胞分裂をすることで髪の毛となって生えてくるので、育毛には欠かせません。そのため、毛母細胞の働きが弱まることで薄毛や抜け毛の原因になってしまうのです。毛母細胞を活性化させる育毛剤を使うことでヘアサイクルが正常に行われ、伸びてくる髪の毛の成長を促すという効果が期待できます。髪の毛が細く、柔らかくなった、艶がコシがないお悩みをもつ方におすすめします。上記のように、それぞれのタイプによって分けられる育毛剤ですが、必ず使用するときには自分は何が原因で悩んでいるのかを考え、症状に適したタイプを使うようにしましょう。もし使っても効果が感じられなければ、別の原因があるのかもしれません。肌が弱い人だと、使い始めてからフケやかゆみ、かぶれがでるかもしれません。そうなった場合はただちに使用を中止しなければ逆効果になってしまいます。

MENU

育毛剤の成分そのすべての情報まとめました